クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化は不動の人気を誇る

そもそもなぜクレジットカード現金化が困った経済環境下にある方々達に選ばれているのか、皆様はご存知でしょうか?

 

グレーなイメージを定着させているネガティブキャンペーンの普及もこれまではクレジットカード発行会社の業界団体では行っておりましたが、関係省庁つまり国が注意喚起をする特設ページを開設したのは、ほんの5年程前よりスタートさせるなど意外にも最近の出来事なのです。

 

実はその省庁が動いた背景には、社会問題化していたヤミ金の違法な取り立てや高額の金利請求などによる、自殺や困窮の問題を排除すべく制定された総量規制の影響があったからなんです。

 

施行された内容は、申し込み希望者の年収より三分の一が借入上限額とするもので、基本的収入が生活環境の基礎となることから、借り過ぎを防止し身の丈に合った金額までに制限する事を目的としたものです。

 

これにより、既にそれ以上の負債を抱えて借金をする事で生活が成り立っていた者たちは、新たな借り入れを受けることが出来ませんが、制定後の金利をこれまでに借入していた金利に当てはめる事が認められたために、過払い請求の案件が業界では旋風を巻き起こしました。

 

返金に追われる貸金業者は、大手中小関係なく潰れるか銀行傘下に入って生き延びるか不遇の時代を迎える事になります。

 

そうした中で、この規制対象外でお金を作る事が出来るとしてクレジットカード現金化が急激に当事者たちの注目を浴びる様になったのです。

 

数少ない手段で有り、業者の数も少なくなってきている

 

各種商法の消費者相談を扱うPIO-NETの公式発表によりますと、法改正後におけるクレジットカード現金化に関連した相談件数のグラフが今現在までのデータと比べましても頂点に達している事により、当時の業界の勢いを感じさせます。

 

実際に、2chのトップページに掲載されていたバナー画像の全てがクレジットカード現金化業者で並んでいた事も記憶に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?当時は雑誌や新聞、インターネットのいたる広告枠の掲載基準が現在と比べていかに緩かったのかが分かります。

 

あらゆる詐欺事件が世に表面化されたことによって、そのような商法の広告を取り扱わないように各社や関連団体の自主規制を含め、当時社会問題化していた商法は次第に廃れています。

 

その流れで2chに掲載されていた「クレジットカード現金化」の掲載も一網打尽と言えるようにスパッと無くなり、今現在も運営しているところも有りますが、当時よりも確実に業者数は減っています。

 

特に店舗の数に対して宣伝や紹介をしている比較サイトの数が少なくなってきており、これに対し注意喚起を行っている団体のキャンペーンサイトや発行元会社のページ、さらに弁護士のコンテンツページが検索結果上において上位表示されるようになっており、元々グレーな取引である為に内容が薄いクレジットカード現金化サイトたちは、検索エンジン側から「品質の低いサイト」と判断され、2ページ以降に落ちています。

 

報酬目的で乱立された比較サイトが多い中で、比較サイトを比較するサイトはこれまで有りませんでしたが下記のサイトがとうとう誕生しています。

 

広告報酬目的の色が強いページが乱立されている中で、私たち消費者の求められる情報処理・判断能力のレベルが年々高くなっており、これまで業者を取り上げられることの方が多かったものの、今後は広告を比較する広告が増えていく時代になりつつあります。

 

誰かにお金を借りる事が一番手っ取り早く、余計なリスクを考える事は無いかも知れませんが、なかなか出来る事ではありません。

 

決して表舞台に立つ事が出来ないクレジットカード現金化ですが、いまだ応用する事が出来るチャンスが残っている事を考えると、逆に今この選択肢がある事が困難を打開する為のチャンスとも言えそうです。

 

クレジットカード現金化はお金を借りるということでは有りません!

 

これから申し込みをしようとしている人も、既にどこかのクレジットカード現金化業者で換金をした方も店員の説明不足か利用者本人の自意識の問題かは判りませんが、この金策はお金を借りるという仕組みではありません。

換金までのプロセスを理解していないと融資を受けるという認識になる

換金の手段はキャッシュバックやら買取やら色々ありますが、共通して言えることとして直接ショッピング枠を引き出す仕組みでは無く、何等かの商品を購入する仕組みで換金を実現しているという事です。

 

出資法に該当する場合には、商品を選択する事無く、買取立場に在りながら予め業者が用意していたり、査定をしていないという事が挙げられます。

 

これはよく勘違いされている内容で、実際にお金を借りると認識している人が多い為か「カードで借りる」という文言で集客をしている悪徳比較サイトがあります。

 

この場合ですと、そのカードとはクレジットカードの事か、消費者金融や銀行が行っているカードローンの事か判断できませんよね?つまりそこの目を付けた悪徳管理人がミスリードさせて提携している広告主に申し込みをさせて報酬を受け取っている図式が背景にあります。

 

これは当事者からすれば縋る思いで検索して辿り着いたのにも関わらず、その情報の内容は上記の内容なのですからたまったものではありませんよね。

 

閲覧する比較サイトにも十分に気を使う必要があるなどハードルが高く感じられてしまいますが、得る情報を間違って認識する事に注意すれば良いのですから、下記の様な優良な比較サイトの閲覧が優良業者の申し込みに繋がります。

 

クレジットカード現金化を比較する為の教科書

 

そもそも比較サイトの存在定義が決まっている訳では有りませんので、発信される情報も管理者次第なのですが、あまりにも悪意と決して優良とは言い難いクレジットカード現金化業者に申し込みをさせようという意図に辟易しませんか?本当に困っている人に向けて発信される情報は常に有益で無ければなりません。